予告

数学勉強会「フィボナッチ、ぺンローズ、黄金比をめぐる幾何学の冒険 建築から音楽まで」 

  • 募集中
  • 日詰 明男 氏による数学勉強会

黄金比は最もシンプルな二次の無理数であり、最もシンプルなフラクタル生成機関と位置づけられます。それは単に「美しい形」を生むだけでなく、特筆すべき工学的機能があります。過去30年、科学、工学、芸術、哲学などの分野にわたる実践のなかで、偶然かつ必然的に生まれた作品のいくつかをお見せします。それぞれは一見ばらばらな作品群に見えるかもしれませんが、どれも一貫して「黄金比」の線で結ばれ、一種の星座を形成しているのです。


講師 日詰 明男 氏
造形作家・龍谷大学理工学部客員教授
開催日時 2017年11月4日(土)13:30~15:30
会場 千駄ヶ谷キャンパス2階 会議室
参加費 2,000円 (学生1,000円)
対象者 同窓生・津田塾大学の学生
定員 50名(申込順)参加費 

関連ファイルのダウンロード

日程

ご希望の日程を選択して、ページ下の「お申し込みはこちら」というボタンを押してください。

  • 2017年11月04日 - フィボナッチ、ぺンローズ、黄金比をめぐる幾何学の冒険 建築から音楽まで 

Page Topへ