お知らせ

東京オリンピック・パラリンピックへの大学同窓会の関わり方を考える

  • 募集中
  • 申し込み期限:2019年03月13日 12:00

 2017年度10月より本格的に開催してきました「ボランティアサポートセミナー」のシリーズです。今回は「東京2020と大学同窓会の関わり方」を考えてみたいと思います。

 講師の師岡文男教授は、世界最大の国際スポーツ団体の連合組織GAISF(Global Association of International Sports Federations)の日本人初の理事を務めた経験から東京オリンピック・パラリンピックの招致に関わり、大会組織委員会と全国の大学との連携協定締結推進に尽力されました。現在、JOC総務委員、ラグビーワールドカップ2019組織委員会顧問を務めておられます。
 また、先生は上智大学と上智大学同窓会ソフィア会にオリンピック・パラリンピック支援組織を立ち上げ、人材バンクの創設・シンポジウム・パラスポーツ観戦・ユニバーサルマナー講習会・関連情報発信などの事業を2016年から実施してこられました。
 ボランティアだけではない大会との関わり方についてもお話をうかがいます。

講師 師岡 文男氏 上智大学文学部保健体育研究室教授
開催日時 2019年3月16日(土) 13:30-15:00
会場 千駄ヶ谷キャンパス2階会議室
参加費 1,000円 学生500円
対象者 同窓生 学生
定員 50名(申込順)

(IOCトーマス・バッハ会長と師岡先生)

関連ファイルのダウンロード

日程

ご希望の日程を選択して、ページ下の「お申し込みはこちら」というボタンを押してください。

  • 2019年03月16日 - 東京オリンピック・パラリンピックへの大学同窓会の関わり方を考える

Page Topへ